絆と技術を

もっとカタチに。

中村工業株式会社

先輩たちの声

100人いれば、100通りの働き方がある。
中村工業で活躍する社員に話しを聞きました。

完成時はやりがいと
達成感でいっぱい

第一工事部(リニューアル室)建築主任(係長)

永露 和夫

1997年入社 筑紫台高校電子機械科卒業

コミュニケーションと管理能力が要

建設業というと現場で黙々と作業をしているイメージが強いかもしれませんが、実は人と話すことが多い仕事なんです。どうやって進めればいいのか意見を求められることもあるし、お客さまとの打ち合わせもある。簡潔にわかりやすく、専門用語はやさしい言葉にかみくだいて話す必要があります。
私が所属する「リニューアル室」には6名いて、それぞれが何社かのクライアントを抱えています。2、3日で終わる案件もあれば半年、1年間と長期にわたることもあるんですよ。

現場の数だけ進むべき道がある

どんな現場も一つとして同じものはなく、作業工程もゴールもその時々で変化します。プロジェクトや人材のマネジメントが仕事なので、アポイントや連絡事項などを書き込む手帳が手放せないんです。時間を守る、重要なことは必ずメモをとる。そうした基本の積み重ねがプロジェクトの成功につながります。予定通りに作業が進み、建物が完成した時はやりがいと達成感でいっぱいになりますね。

いくつもの選択肢があり、
常に新しく挑戦できる

第二工事部PC課係長

新田 勇太

2009年入社 都城工業高等専門学校建築学科卒業

同業他社からの転身。活躍の舞台を全国へ

地元の宮崎でPC工事専門の会社に勤めていた私にとって、中村工業は憧れの存在でした。現場規模や施工数は九州でトップクラス、歴史のある100年企業です。縁あって転職した後は沖縄に3年配属になり、設計と現場管理をしていました。その後も福岡、佐賀、長崎、熊本……といろんな場所に出張へ行き、人や文化、食などそれぞれの地域の特徴、現場の違いを知ることができたんです。東京へ数か月、出向したことも大きな経験になりました。

何でもいいので目標をたてる

いま、私が大切にしているのは「常に目標を持つこと」。入社9年目にして初めての工種を担当し、発見が多い毎日を過ごしています。目標をたてることで、次に進む道が分かる。たとえ、これからどんな仕事をしようか具体的な目標が見つからなくても漠然と「建設業に入りたい」という気持ちがあるだけでもいいと思います。中村工業にはいくつもの選択肢があり、常に新しく挑戦できるステージが用意されていますよ。

この仕事は人の数だけ
道がある

第二工事部機械施工課グループリーダー
(一級建築施工管理技士、一級土木施工管理技士)

髙橋 智浩

1991年入社 東海大学工学部卒業

入社したての私を現場が育ててくれた

入社当時を振り返ると、何もかもが新鮮でした。大型重機を使った山留工事や杭工事の現場が主な担当で、2年目から現場監督をさっそく任せていただいたんです。もちろん、監督である手前、年齢や経験年数に関係なく目上の方にも指示を出さなくてはいけません。現場を動かすのは簡単ではありませんが、先輩や職人さんに分からないことを一つずつ聞きながら乗り越えました。現場は厳しくもあり、楽しくもある。そこがおもしろいところです。

人の数だけ道がある職場

いま、あの頃の私と同じように右も左も分からない若い後輩たちが入ってきます。気をつけているのは“考えさせる”教育をすること。身体で覚えて頭で理解し、そして繰り返して身につける。中村工業には長い歴史と伝統があります。それはチャレンジしてきたからこそできた“道”です。若い人たちには伝統を守りながら「自分にはこんな道があったんだ」と発見してほしいですね。この仕事は人の数だけ道があると思っています。

今後は独自の人脈を
積極的に開拓したい

第二工事部土木課

塚本 瑞樹

2013年入社 小川工業高校工業科・土木科卒業

相手を尊重しつつ、主張するワザ

入社後、すぐに出向先で測量の技術や現場管理の仕事を学び、今は「よう壁」と足場の組み立てを勉強しています。入社して4年目、現場で「職長」として作業することもあり、責任ある仕事を任せていただけるのが何よりもうれしいですね。数多くの業者とうまく仕事を進めるには、相手のやり方や考え方を尊重するのが大切で、相手に気を配りながら、自分の意見もきちんと主張するように気を付けています。

話ベタが気づけば交渉上手に!

他の職種とお互いに納得できる方法を探しながら一つの現場を進めるなかで、「聴く力」と「話す力」が自然と身に付きました。以前は人前で話すのが苦手で、もっと口数が少なかったんです。中村工業に入社してから、自分でも「変わったな」と感じています。いままでは先輩に紹介していただいた取引業者さんと仕事をするのが中心でしたが、頼ってばかりではいられません。今後は独自の人脈を積極的に開拓して、新しいつながりを築いていきたいと考えています。

やりがいは「任せたよ」
「次もよろしく」

第一工事部(福岡地区)課長

吉田 純一郎

1996年入社 九州産業大学工学部卒業

貴重だった入社1年目の経験

入社のきっかけは、「ゼネコン」よりも「地元のサブコン」で専門性を極めるほうが自分に合っているんじゃないか、と思ったからです。実際に入社から1年間は現場へ出て鳶職人と一緒に汗を流していました。工事管理をしている現在も、現場での経験がよく生きていますね。たとえば机上の計算では5人で終わる仕事でも、天候や工期次第で8人必要なときもある。現場の状況を察しながら予測して進められるのは、あの1年の経験があったからです。

現場を任されるのは信頼の証

工事管理のやりがいは発注者であるお客さんから「任せたよ」「次もよろしく」と言っていただけること。さらに起工式から最後の引き渡しまで一つの現場すべてを担当できることですね。鳶の仕事は技術力が最も重要で、建設現場で根幹となる役割です。誠実で素直で、真摯な姿勢を崩すことなく、人から人へ、技術を伝えていくのが中村工業のミッションだと感じています。

CONTACT

お気軽にお問い合わせください