絆と技術を

もっとカタチに。

中村工業株式会社

沿革

受け継がれる技術と、人と人との間に生まれる縁。
中村工業は明治39年創業の誇りを胸に未来へ歩んでいます。

NAKAMURA'S HISTORY

1906

腕一本で勝負する鳶職集団。

1906(明治39)年、現在の福岡市東区馬出で誕生した「中村組」。創業者・中村重吉は当時33歳だった。12歳で鳶の世界へ入り、職歴20年を超える頃には仕事への情熱と面倒見のよさから、チームの頭である「棒心」として仲間たちから信頼を集めていた。九州の建設業界トップの「岩崎組」に専属した中村組は、腕達者の職人たちが集まるプロフェッショナル集団と言われた。

建設業の新時代が到来。

文明開花を迎えた近代日本では、建設業が新時代の花形となった。重吉は職人からたたきあげの腕達者だったとすれば、これに対し二代目の中村五郎はホワイトカラーの技術者である。それまで腕一本だった中村組に、建設業界で通用する知識が蓄えられた。大手ゼネコンとの信頼関係を築いていくことで徐々に大規模な現場を任せられるようになった。

戦後の波を受けて家業から企業へ。

戦後の日本が大きく発展していく中で、土台を据え直そうとした中村組。思わぬ障害となったのが「親方は工事の請け負いはできない」というGHQからの命令である。親方は「労務提供」の職人派遣業である。賃金の中間でのピンハネがご法度となったのだ。企業へと進化が求められ、昭和22年に中村工業株式会社設立にいたった。

時代とともに磨かれる技術、深まる絆。

二代目・五郎の他界により、昭和45年9月に三代目・勝重が就任。当時30歳の若き青年社長を激励するため、関係者一同は誓書を贈った。この血判状はベテランの職人たちからの新社長へのエールであり、これからも共に歩んでもらいたいと願いを表したものである。その後、福岡銀行本店、岩田屋別館、天神センタービルなど今でも福岡市内のランドマークとなる大規模施設の建築が決まった。

高層大型建設時代の到来。鳶の近代化。

近代化が進むにつれて中村工業と職人の関係は大きく変化した。従来の班制度を廃止し、「総合労務センター」を設立。職人とのネットワークを築くことで、他社では請け負うことのできない規模で受注ができるようになった。選りすぐりの職人たちは建築を通して、近代日本の発展に貢献してきた。創業から110余年経った今も、技能に生きる中村工業は建造物に生命を吹き込み、ニッポンの一部をつくっている。

CORPORATE DEVELOPMENT

1906明治39 中村重吉 鳶職中村組を創立
1936昭和11 岩田屋本館新築工事(竹中工務店)竣工
1939昭和14 中村五郎が中村組代表就任(二代目)
1947昭和22 中村興業株式会社を設立
1950昭和25 中村興業株式会社を改組、中村工業株式会社とする
1952昭和27 世話人12人が発起人になり中栄会を結成
1955昭和30 九州土工鳶連合会結成、五郎社長初代会長となる
1969昭和44 大卒者の適宜採用を開始(大学卒)
1970昭和45 中村勝重が代表取締役に就任(三代目)
1977昭和52 福岡市中央区舞鶴に新社屋を建設、移転
1980昭和55 高卒者の定期採用を開始
1981昭和56 SMWの4軸オーガーマシーンを導入
1982昭和57 篠栗町に機材センターを開設
1993平成5 竹中品質管理賞(T賞)を受賞
1995平成7 独身寮 第二中栄寮を新築
2000平成12 土木工事部門をスタートさせる
2002平成14 リニューアル・改修工事部門をスタートさせる
2003平成15 中村隆輔が代表取締役に就任(四代目)
2005平成17 創業100周年を迎える。『創業100年誌』を発刊
2006平成18 PC工事部門をスタートさせる
2009平成21 富士教育訓練センターにおける社外専門研修をスタート
2013平成25 東北復興事業への参画(土木課)
2015平成27 創業110周年記念式典及び家族懇親会開催
中村隆元が代表取締役に就任(五代目)
メガソーラー事業部をスタートさせる

CONTACT

お気軽にお問い合わせください